Last Update.12/1

 TOP >> ABOUT CAT- STREET >> ワクワク劇場in釜石




機材課の大村です。

普段は府中センターで機材のやりくりをしているのですが、珍しく現場に出動して来ましたので、レポートいたします!!


今回は「ワクワク劇場in釜石」という公演で岩手県の釜石市に行って参りました。

一日目


久々の現場で、3tトラックと電源車を自走!
しかも夜走りするのは初めての経験です。

一日の日付が変わる頃、ひとまず出発。
目的地は600km以上先。

途中、若干(?)の眠気に襲われながらも、
なんとか現場に到着しました。
現場は釜石駅近くの鈴子広場というところです。

久々の現場で、野外現場!

しかも生憎の空模様で、
雨具を着込んでの作業も始めての経験です。

まずはみんなでテントの立て込みです。
釜石の皆さんも手伝ってくれました。

照明機材は養生をキチンとしました。

このLED SPOTは、
なんと防滴仕様なので、養生も楽チンです。
この日は仕込だけで終了です。
宿に戻ってひと休み。。。。。

二日目


この日も生憎の空模様。

雨が降り続けた為、中止も危ぶまれましたが、
楽しみにしていたお客さんが
ずーっと待ち続けてくれていました。

そんな中、出演者の意欲もかきたてられ、何とか開演!!

いろいろな方々の想いが集約された、とてもいい本番が出来ました。

このイベントは2箇所で開催されることになっています。
ということで、本番終了後、、、、

撤去&移動&仕込です!
なかなかタイトなスケジュールではありましたが、
2箇所目は高校の体育館ということで、
スムーズに仕込むことが出来ました。
2箇所目の仕込アップまでで一日が終了です。

三日目 本番です
この日は晴れ間も見え、
被災地のお客さまも
たくさん集まってくれました。
スケジュール通り本番が行われ、
お客さまにも喜んで頂けました。
無事に本番終了を向かえ、
撤去もスムーズに終えることが出来ました。

その後・・・・
600kwの道のりを辿ってきたからには、600kwの道のりを戻らなければなりません。
現場慣れしていないので正直言って体力的にしんどかったですが、
なんとか無事に府中センターまでたどり着きました。

やっぱり日付はもう一回変わってしまいましたけど(笑)。

おしまいに

久しぶりの現場で、一緒に現場に行っていた先輩方や他セクションの方々には、
ご迷惑ばかりかけていたように思いますが、何に於いてもいい経験でいた。

普段現場に出ているみんなの大変な気持ちが、少しだけ垣間見れたように思います。
今後は日ごろの仕事にも、ひと味違ったやり方ができそうです。

そして、テレビや新聞のニュースでしか知らなかった被災地の大変さを
本当に肌で感じる事が出来ました。まだまだ街の中は、
あの頃のニュースで見た風景が、そのままたくさん残っていました。
今回の公演で被災地の皆様の心に少しだけでも笑顔を取り戻してもらえたら、
との思いで東京を出発しましたが、
釜石の皆さんは被災されて大変な思いをされているのにも関わらず、
主催者の方をはじめとして、イベント担当の方々、
地元の出演者の方々そして会場に見に来て下さったお客様、
本当に皆さん笑顔を忘れずにとても気持ち良く接してくれました。
心に笑顔を頂いたのは、
もしかしたら我々の方だったのかもしれません。

ありがとうございました!!


by 大村 暁