Last Update.3/5

 TOP >> ABOUT CAT- STREET >> 原田保氏 優秀スタッフ賞受賞!




2012年2月27日、第19回読売演劇大賞の贈賞式が帝国ホテルで行われました。

読売演劇大賞は、1994年に設立された演劇の賞です。
1月から12月まで国内で上演された演劇を対象に、
作品、男優、女優、演出家、スタッフの5部門と、
新人が対象の杉村春子賞、長年の功績やすぐれた企画を顕彰する芸術栄誉賞があります。
翌年1月の第1次選考会で5部門の候補各5件を選出。
演劇評論家や演劇界、マスコミ界の関係者100人の投票で各部門の最優秀賞を決め、
最終選考会で、大賞、杉村春子賞、芸術栄誉賞を選出します。

数々の演劇人が受賞してきた栄誉ある『読売演劇大賞』に、
前川知大氏演出「奇ッ怪 其ノ弐」の照明で、
原田保氏が優秀スタッフ賞を受賞しました。
原田氏は第15回の最優秀スタッフ賞に続き、2度目の受賞となります。
昨年の授賞者である小野寺修二氏より、クリスタルのトロフィーを受け取り、
感慨深い表情をされているのが、印象的でした。


杉村春子賞は、演出家としては初めての授賞となる小川絵梨子氏、
芸術栄誉賞は別役実氏が授賞されました。
小日向文世氏、大竹しのぶ氏、松井るみ氏、三谷幸喜氏など、
著名な演劇人が受賞し、会場は拍手喝采に包まれました。

大賞・最優秀演出家賞は、原田氏と共に挑んだ「奇ッ怪 其ノ弐」、
そして自ら主宰を務める劇団イキウメでの「太陽」の演出で前川知大氏が受賞。
3年連続の優秀演出家賞受賞し、今回初めての最優秀演出家賞、
並びに大賞も受賞されました。

今回の授賞式でもっとも印象的だったのは、「芝居は世界を変えることが出来る」という、
最優秀女優賞を授賞された大竹しのぶ氏のスピーチです。
震災後、私たち演劇に携わる人間に出来ることは何なのか、
立ち止まって考えた方も多いと思います。
しかし、その足を止めず、演劇と共に前に進むことが、
私たちに出来ることなのだと、
この言葉は改めて気づかせてくれました。


また、それぞれの授賞者のスピーチは、それぞれの演劇に
対する想いが込められており、興味深かったです。


何はともあれ、原田保さん、授賞おめでとうございます!

by 北原 ヨリ子