Last Update.4/27

 TOP >> ABOUT CAT- STREET >> さくらまつり2017



4月16日・日曜日

2017年度の新人12人、赤須、片山、小林、佐藤、三階、田渕、仲宗根、西山、深瀬、三上、ラウ、渡邉です。

本年も毎年恒例行事となっている、桜新町さくら祭りの仕込み、撤去に行ってきました。

朝8時に桜新町駅に集合!



部材や機材の溜め場、仕込みの段取りの打ち合わせを行います。

打ち合わせ終了後、赤い色がトレードマークのC.A.T.のトラックから全員で
まずはステージを組み立てるのに必要な部材、照明機材等を降ろします。
午前9時になるまで交通規制が施行されない為、
交通の妨げにならない路肩に部材を溜め、
ステージの基盤となる土台や
照明を吊る為のイントレを組み上げていきます。
お互いに声を掛け合い、
意思の疎通を図りながら安全に作業を進めていきます。
9時になり交通規制が行われました!組み上げていたステージの基盤やイントレを所定の位置まで運び、一気に組み上げていきます。

先輩方にアドバイスを頂きながら、各々が周囲の状況を観察し自分の役割を認識し、
@ステージを組み立てる A幕を設置する B照明を吊る C電源仮設を行う等、
役割分担を行い、着実に準備を進めていきます。

ステージを組み立てる路面は
傾斜や凹凸があり、
フラットではありません。
ステージをフラットに保つ為、
ステージと地面の間に
木の板を入れ込み
高さを調整します。
ステージ完成まであとわずか!
11:30の本番開始まで間もない為、
音響さんのチェックや
リハーサル等が
同時並行で行われています。
ステージ完成!
照明を操作する卓の設置も完成し、
いよいよ本番スタートです。
吹奏楽や和太鼓演奏等、
様々な演目がステージ上で行われました!!
スペシャルゲストとして、
もちろんあの人気キャラクターも出現しました…!!
 
本番中、私たち新人は下記の作業を行いました。

@ C.A.T.の舞台制作会社であるシーエイティプロデュースが今後手がける舞台のチラシを配布しました。
Aトラブル発生に備え、舞台裏で待機し、ステージ上の照明機材が点灯しなくなった際に対応出来るようにチェックを行っていました。

照明機材にトラブルが発生した時に考えられる原因の追究と、
対応について先輩方に教わりながら、
臨機応変に対応していくにはどのような事に配慮していけばいいのか学ぶ事が出来ました。

本番終了!

すぐに撤収作業が行われます。
お客様の通行の邪魔にならないように、周囲の状況に配慮しながら、
交通規制が解除される18:00までに撤収作業を全て終えなければなりません。
先輩方に指示を頂きながら、全員で協力し、安全に作業を進めていきます。

ステージ、イントレを同時作業でバラしていく為、
それぞれバラしたものが通行の妨げにならないように
お互い声をかけながら部材や機材の置き場を決め、
作業を進めていきます。
部材と機材のバラしが終わり、
荷積の準備が整ったらいよいよトラックに
搬入作業が開始されます!
積み込みが全て完了したら、
全ての作業が終了となります。
ある程度バラしたものが溜まってきたら、
持ち込んだ部材と機材の数揃っているか
数をチェックし、確認していきます。
 
部材や機材は重量が重いものが多い為、
怪我をしないようにお互いに声を掛け合い、
全員で協力しながら
積み込み作業を行っていきます。
荷積完了!
積み込み終了時間は交通規制が解除されるおよそ5分前、17時55分でした!!
目標の18時までに怪我無くなんとか間に合わせる事が出来ました。

皆さんお疲れ様でした!!
これからも新人全員で協力しながら邁進してまいります!!


by 佐藤 才也伽