Last Update.2/07 Hit

 TOP >> WHATS NEW- 今月のCAT >> 0407

2004年07月      

□□□
□□




偶然の男 イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー 〜パパと呼ばないで〜 合唱物語「わたしの青い鳥」 オイディプス王 オイディプス王アテネ公演
ハグハグ共和国vol.11 天馬行空 タッタタ探偵組合第11回公演 マニハニ2 〜夢見るマニハニマン〜 キッズミュージカル☆アルゴ 「ユー・ガット・ア・フレンド」 ピーターパン2004 月猫えほん音楽会2004  狛江ほおずき夏祭り
KANSAI SUPER SHOW「アボルダージュ〜接舷攻撃〜」





□□
□□□

play

偶然の男

偶然の男
2004年7月15日〜8月15日・スフィアメックス 8月26日・長泉町文化センターベルフォーレ
28日・大阪ABCホール(朝日放送本社屋内)

出演:長塚京三 キムラ緑子

作:Yasmina REZA 共訳:小田島恒志大磯仁志 演出:鈴木勝秀 美術:中村公一
照明:大石真一郎 音響:井上正弘 衣装:小園秀穂 三本木寿美 ヘアメイク:Michou.(FEMME)
宣伝美術:加瀬倫有(GIRI DISEGNO) 宣伝写真:ノザワヒロミチ 演出助手:長町たず子
舞台監督:二瓶剛雄 舞台製作:CAT・加賀谷吉之輔 制作:熊谷由子(ぷれいす)
版権コーディネーター:マーチン・R,P・ネイラー 制作協力:スフィア 企画制作:シーエイティプロデュース
製作:江口剛史 
音響操作:大野英雄 照明チーフ:奥野友康

人気作家とそのファンの女性が偶然ある列車の中で向かい合う。
 女の視線を不思議に思う男。
 ファンであることをうちあけるべきか迷う女。
 列車は走り続けていく。
 あの話題作「アート」の作家ヤスミナ・レザが男と女の心の会話を斬新に描く!

 

イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー 〜パパと呼ばないで〜

イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー 〜パパと呼ばないで〜
2004年7月8日〜25日・ルテアトル銀座 31日・福岡市民会館
8月3日〜5日・大阪厚生年金芸術ホール 7、8日・愛知厚生年金会館

出演:上川隆也 羽田美智子 濱田マリ 石田圭祐 海津義孝 峯村リエ 近江谷太朗
湯澤幸一郎 一太郎 江口のりこ 山本与志恵 綾田俊樹

作:レイ・クーニー 翻訳:小田島雄志 小田島恒志 演出:山田和也 美術:大田創 照明:高見和義
衣装:黒須はな子 音楽:川崎晴美 音響:高橋巌 演出助手:則岡正昭 舞台監督:小林清隆
アートディレクション:田部良子 宣伝写真:加藤孝 製作:伊東勇 制作:祖父江友秀 山家かおり
主催:TBSラジオ 企画制作:パルコ Me&Herコーポレーション 製作:パルコ 照明チーフ:飯泉淳

舞台はロンドン、とある大病院の医師談話室。
 時はクリスマスの3日前。
 医師デーヴィッド・モーティマーは、愛妻ローズマリーととともに順風満帆なエリートコースを歩んでいる。
 ところが、そこへ18年ぶりに、元・看護婦のジェーンが訪ねてくる。
 実は二人の間には、18年前に子どもができており、その息子も父親を探しにこの病院へ来ていると告げる…。
 さあ大変!どうするデーヴィッド?
 同僚の医師ヒューバート、婦長や看護婦などの病院スタッフをはじめ、とぼけた患者ビルや警官までを
 巻き込んでの大騒ぎ。
 ウソにウソが重なり、医師談話室は大混乱。
 はたして、デーヴィッドはこの場を切り抜けることができるのか?

合唱物語「わたしの青い鳥」

合唱物語「わたしの青い鳥」
2004年7月11日・北九州芸術劇場中ホール

出演:(合唱)ワークショップをうけた市民のみなさん&北九州アカデミー少年少女合唱団
(ソプラノ・ソロ)大森智子 (ピアノ)白石光隆

原作:メーテル・リンク 作曲:長生淳 構成・作詞:能祖将夫 合唱指導:辻秀幸、大森智子
照明:高見和義 ムービング:加藤久博 照明チーフ:松田かおる

あの「青い鳥」が、オリジナルの合唱物語=コーラス・ファンタジーになりました。

 

 

 

 

オイディプス王

オイディプス王オイディプス王
2004年5月17日〜6月13日・シアターコクーン
6月18日〜21日・福岡メルパルクホール
7月1、2、3日・ギリシャアテネ/ヘロディス・アティコス劇場

出演:野村萬斎 麻実れい 吉田鋼太郎 壤晴彦
川辺久造 三谷昇 菅生隆之 瑳川哲朗 他

作:ソフォクレス 翻訳:山形治江 演出:蜷川幸雄 音楽:東儀秀樹
美術:中越司 照明:原田保 衣裳:前田文子 音響:井上正弘
振付:花柳錦之輔 ヘア・メイク:武田千卷
小道具:安津満美子・田淵英奈 演出助手:井上尊晶・石丸さち子
技術監督:眞野純 舞台監督:明石伸一 宣伝美術:トリプル・オー
照明チーフ&ムービング:梶谷剛樹
ムービングプログラム:藤巻聡 加藤久博

2002年6月シアターコクーンで上演され、
 大絶賛を浴びたオイディプス王。
 山形治江氏の新訳にて、蜷川幸雄氏の傑作が今年、
 新演出で再び登場します。
 7月には聖地・アテネにて、王女メディア以来、
 20年ぶりの”帰還”となります。

ハグハグ共和国vol.11 天馬行空 -free,fly,fool,full!?-

ハグハグ共和国vol.11 天馬行空 -free,fly,fool,full!?-
2004年7月7日〜11日・下北沢 しもきた空間リバティ

出演:月野原りん さくら Mie 海月たか子 戸塚まる marin 田坂和歳 山邊崇弘
井堂美保 櫻井ゆき 山下訓子 宇田奈央子

作・演出:久光真央 照明:畠中泰正+千葉貴幸(CAT) 音響:山口心(劇団マスターキー)
音楽:倉橋圭 舞台監督:潔友誼 舞台美術:ハグナッツ帝国 衣装:ねこの仕立て屋
小道具:悪釈烈☆魔威ぴぃ〜組 振付:YOHKO 宣伝美術:木苺チロル 制作:ハグハグ制作部
企画製作:ハグハグ共和国

思い出せ。

■■■■■■あの時のあのチカラを。

 

 

タッタタ探偵組合第11回公演 マニハニ2 〜夢見るマニハニマン〜 メカ堪忍袋の逆襲

タッタタ探偵組合第11回公演 マニハニ2 〜夢見るマニハニマン〜 メカ堪忍袋の逆襲
2004年7月2日〜5日・新宿サンモールスタジオ

出演:あおきけいこ 江澤克明(秘密結者) 小野朱彦(フリー) 神奈川静恵(すてき会議) キクチマコト
栗原智幸 さとうゆい(フリー) 柴田O介 谷口有 中村浩司 牧島敦 山素由湖(方南ぐみ) WonderQ

作・演出:牧島敦 照明:小笠ゆう 音響:大野英雄

マニハニの秘宝レスカ石と「野鳥を数える会市川支部」の力を借りて堪忍袋の野望を挫いた
 マニハニ王国の末裔・チェリオは民衆が自然発生的に起こしたクーデターにより、
 ミリンダ共和国政府を倒し、マニハニ王国の復興を果たした。
 しかし平和な日々は長くは続かない。あの堪忍袋がミリンダの元大統領と結託し、
 反乱を目論んでいるという。
 このピンチにやはり立ち上がってしまったのは「野鳥を数える会市川支部」支部長。
 自家製のレスカ石を手に、またも巨悪に挑む!急遽結成された王国軍精鋭部隊「マニハニセブン」が、
 謎のマスクマン「ワンダーQ」が、スーパー小学生「チビッコ」が、
 そして我らのオナガガモ「スコール」が、舞台狭しと暴れ回る90分。

 

musical

ブロードウェイミュージカル ウエストサイドストーリー SHONENTAI PLAYZONE '04


2004年7月2日〜8月5日・青山劇場 8月9日〜16日・大阪フェスティバルホール

出演:少年隊(錦織一清・東山紀之・植草克秀) 島田歌穂 香寿たつき 赤坂晃 佐藤アツヒロ 生田斗真 東新良和 ほか

原作:アーサー・ローレンツ 音楽:レナード・バーンスタイン 作詞:スティーブン・サンドハイム 演出・振付:ジョーイ・マクニーリー
照明:吉川ひろ子 照明チーフ:小暮寿代 ムービング:吉枝康幸

1957年、ブロードウェイで初演されて以来、世界中で何度も上演され、ミュージカル史上に燦然と輝く名作
 「ウエストサイドストーリー」に少年隊が挑みます。1986年にスタートした少年隊のミュージカル「PLAYZONE」19作目の作品となる
 「ウエストサイドストーリー」、永遠の青春神話が今、甦る!

'04キッズミュージカル☆アルゴ 「ユー・ガット・ア・フレンド」

キッズミュージカル☆アルゴ 「ユー・ガット・ア・フレンド」
2004年7月29日〜8月8日・青山円形劇場 8月18日・岡山市民会館
20日・高松市文化芸術ホール(サンポートホール高松) 22日・大阪厚生年金会館芸術ホール
24日・愛知厚生年金会館 25日・浜松市教育文化会館はまホール 28日・新潟県民会館
9月5日・広島呉文化ホール 20日・ミューザ川崎シンフォニーホール

出演:アルゴキッズ

企画・監修:小椋佳 演出・振付:宮崎渥巳 演出・構成:小川美也子 作曲・編曲:柏木玲子
照明:高見和義 照明チーフ&ムービングオペレート:伊賀康 ムービングプログラム:松島大輔

今年もまたアルゴの季節が近づいてきました。今年で18年目、東京の公演期間中に
 光が丘IMAホールでの初演から数えて500回目の公演を迎えます。
 今年の公演は、今までにない試みとして出演者全てが子供たち。
 音楽も全てエレクトーンによる生演奏で、その演奏は出演者と同世代の子供たちです。
 ‘アルゴ’の企画当初より子供の力だけで表現し見応えのあるステージ創りをと考えていました。
 それが、いよいよ現実のものとなるわけです。それに伴い公演の形態も昨年までとは全く違ったものとなります。
 ‘STORY’を追いかける展開から、歌・踊りを中心に楽しんでもらえる‘SHOW’のスタイルに変わります。
 前編を通して伝えたいテーマをエレクトーンの生演奏にのせて様々な表現スタイルでお届けします。
 ぜひ、劇場で新しいアルゴの‘スタイル’を身近に体験してください。

ブロードウェイミュージカル ピーターパン2004

ブロードウェイミュージカル ピーターパン2004
2004年7月23日〜8月4日・東京国際フォーラムC 8月14、15日・北九州芸術劇場
21日・愛知厚生年金会館 28、29日・大阪梅田コマ劇場

出演:中村美貴 入絵加奈子 比企理恵 ももさわゆうこ 鶴見辰吾 ほか

演出・潤色・訳詞:鈴木裕美 翻訳:秋島百合子 音楽監督:宮川彬良 美術:島川とおる 照明:西川園代
衣装:黒須はな子 振付:玉野和紀 音響:井上正弘 ヘアメイク:河村陽子 声楽指導:泉忠道
殺陣指導:田尻茂一 川原正嗣 前田悟 フライング:松藤和広 チア指導:浜宮 愛 演出助手:佐藤万里
舞台監督:二瓶剛雄 瀧原寿子 宣伝美術:永瀬祐一 イラスト:森本浩子
エグゼクティブ・プロデューサー:堀威夫 照明チーフ:松井義之 ムービング:高田和彦

物語「ピーターパン」が誕生して100年あまり。今なお絵本・映画・ミュージカルと形を変え、
 時代・地域を越え世界中の人々に愛されつづけています。 そして2004年、
 子供たちを夢と冒険の世界“ネバーランド”へと誘う、不朽の名作ミュージカル「ピーターパン」が、
 装いも新たに大きくパワーアップして飛び立ちます。

第19回こどもの城マタニティ・コンサート 〜浜まゆみ マリンバのときめき〜


2004年7月4日・青山円形劇場

ミュージシャン:浜まゆみ(マリンバ) 大橋めぐみ(ピアノ)
メディカルゲスト:産科医・野末源一(山王病院 産婦人科) 小児科医・巷野悟郎(こどもの城小児保健部顧問)

照明:松田かおる

妊婦さんの癒しのコンサート&お医者様のお話し。

月猫えほん音楽会2004 -絵本×ジャズ=コドモもオトナもめちゃ2楽しいシアターライブ-

月猫えほん音楽会2004 -絵本×ジャズ=コドモもオトナもめちゃ2楽しいシアターライブ-
2004年7月23日〜25日・青山円形劇場

出演:ジャズ猫(ピアノ)・佐山雅弘 白猫(進行)・波多雅子 マイム猫(パントマイム)・本多愛也
読み猫(朗読)・能祖将夫

演出:吉澤耕一 企画・構成:能祖将夫 美術:小竹信節 照明:高見和義 音響:実吉英一
衣裳:大友靖子 ヘアメイク:趙英 衣裳管理:西原栄 舞台監督:野口毅 ちらし絵・宣伝美術:高橋雅之
制作進行:こどもの城劇場事業本部(担当:大川志津子) 照明チーフ:松田かおる

満月と猫、ジャズと絵本。都会の片隅に集まってきた猫たちが、月に絵本を映しながら、
 絵本の朗読とジャズピアノを楽しむ・・・。『月猫えほん音楽会』は、絵本の絵を大きな月(スクリーン)に
 映しながらの読み聞かせとジャズピアノとの即興演奏で作る、絵本とジャズとのセッション・ライブです。
 さらに、パントマイムを加えて観客参加で作っていくシーンもあり、
 他に類を見ない画期的なステージを展開します。ステージでは、出演者はもちろんのこと、
 観客(希望者)も開演前のフェイス・ペインティングで猫に扮し、
 ライブならではの遊び心あふれる生き生きとした時間を、その場の全員で共有することを目指します。
 1999年から始まり毎回大好評ですが、今年も新しいアイディアを盛り込みながら、
 楽しいステージをお贈りします。

宇崎竜童ディナーショー


2004年7月6日・仙台ホテル”佐勘” 19日・苫小牧グランドホテルニュー王子 27日・五反田TOCイベント

出演:宇崎竜童

照明:吉川ひろ子

FUJI ROCK FASTIVAL '04 


2004年7月30、31、8月1日・苗場スキー場

照明:和島幸郎

音楽と自然を自由に楽しみ、出演者、来場者、スタッフの全員で創り上げていくフェスティバルです。
 GREEN STAGE/WHITE STAGE/RED MARQUEE/FIELD OF HEAVEN/ORANGE COURTと、
 各会場がわかれており、その中のRED MARQUEEがCAT照明です。

New York Symphonic Ensemble 日本公演 


2004年7月11日・カザルスホール 12日・長崎有明綜合文化会館 13日・長崎壱岐文化ホール 14日・福岡アクロスシンフォニーホール
18日・多賀城市民会館 19日・茨城県民文化会館 21日・奈良県文化会館 22日・大阪NHKホール 23日・東京オペラシティ
24日・須賀川市文化センター 26日・紀尾井ホール 28日・伊藤忠商事本社ロビー 29日・新潟りゅうとぴあ

舞台監督補佐:大村暁

狛江ほおずき夏祭り 

狛江ほおずき夏祭り
2004年7月2日〜4日・狛江泉龍寺

照明:奥野友康 レーザー:山田裕二 制作:CAT

ほおずき市、あさがお市、模擬店、イベントショー、レーザーショーなど盛り沢山のお祭り。
 手作りの夏祭りに狛江市外からも皆さんおおぜいやってきます。
 昨年の様子がCAT STREETでご覧になれます。

 

 

 

 

 

KANSAI SUPER SHOW「アボルダージュ〜接舷攻撃〜」 

KANSAI SUPER SHOW「アボルダージュ〜接舷攻撃〜」
2004年7月10、11日・日本武道館

出演(敬称略:五十音順):哀川翔 阿木燿子 池谷幸雄
上戸彩(特別出演) 内田裕也 小池栄子 大倉正之助
佐藤江梨子 椎名桔平 純名りさ 鈴木一真 高島礼子
千原浩史 寺島しのぶ 千原靖史 新山千春 テリー伊藤
松田美由紀 畑山隆則 山本未來  フローラン・ダバディー
山本百夏 麿赤兒 三池崇史 恵俊彰

監督・総指揮:山本寛斎 音楽:加古隆
運営:ニッポン放送 キョードー東京
制作:山本寛斎事務所 アップラウゾ イーストアイイーシーエス
制作補佐:矢部幹治 舞台監督:柳川弘行 演出進行:長谷川増
音楽監督:加古隆/竹川郁子 音楽制作:吉田潔
音響効果:柴崎憲治 設営:日本ステージ 美術:南志保 鐘突良治
音響:宮地 仁 フライング:田中義彦 特効:新島朗太 映像:レイ 振付:畠山龍子 畠山和真 衣装:藤井康詞 高谷健太
ヘアメイク:柘植伊佐夫 ヘア:小林まさゆき 主催:朝日新聞/フジテレビジョン/山本寛斎事務所 照明:ライトシップ・森下泰氏
CATより照明器材、人が出動 ムービング:藤巻聡

世界のKANSAIが放つ超ド級のスーパーショー!武道館初、アリーナに100tの水が張られます!

パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ


2004年7月4日・三重県合歓の郷 31日・石川県鳥屋町

照明:彩プロデュース・幸村克哉氏
CATより照明チーフ・沼田成美

強烈な個性を発揮するダンス集団「おやじダンサーズ」。
 その風貌に共感をおぼえる多くの中年男性のみならず、女子高生からも愛されている、
 その卓越したパフォーマンスは、今やテレビに舞台に引っ張りだこです。
 暑苦しい肉体から繰り出される、俊敏にして華麗なダンスが圧巻です!

sojiro concert tour 2003〜2004 オカリナ・エチュードコレクション−リクエスト−


2004年7月10日・大阪府リビエールホール(柏原市民文化会館)

照明:LMプランニング・安部昌臣氏
CATより照明ツアーメンバー

今までのエチュードシリーズの中からリクエストにお答えするオカリナ・エチュードコレクション。人々の心の奥に残る名曲の数々のライブです。

2004 july http://www.liquidroom.net 7月14日恵比寿に新リキッドルームOPEN!

     

RED-LIGHTING CAT

13 thu PRE PARTY altemative/jazz
14 wed UA LIQUID OPENING LIVE ACT:SHINGO2/Kosmic Renaissance
16 fri JUDE Tank Lorry Acrobats GIGS
19 mon 〜ROCKS〜
20 tue ゆらゆら帝国
21 wed 東京スカパラダイスオーケストラ
22 thu ギターウルフ ラブロック2004
23 fri つじあやの つじあやのライブハウスツアー『LIVE GIRL〜車移動はアカン!〜』
24 sat nil nil tour '04 12EXPLOSION
25 sun house of liquid -Sunday session-
26 mon 〜liquid surprise 00〜
27 thu LIVE Y&Mutoma JAPAN presents"SUMITOMA1"
29 wed ENDS アポリア
30 fri !!!(chk chk chk)
31 sat Laputa