舞台研究所案内

舞台とは

舞台という場所はお客様に夢や希望・感動を与えるものです。その華やかな世界に魅了され“自分もあの世界の一員になってみたい”と志す人たちが多くいます。

舞台照明スタッフの現実

華やかに見える表舞台とは裏腹に、舞台裏で働くスタッフは肉体的にも精神的にも厳しく辛いこともたくさんあり、理想と現実のギャップに戸惑う人がたくさんいます。

CAT舞台研究所の意義

CAT舞台研究所の運営は株式会社クリエイティブ・アート・スィンク(CAT)が行っております。CATは多くの照明器材を保有し、様々な舞台やイベントなどの照明の仕事を手がけています。そのような環境の中、1年かけてじっくり照明の仕事や舞台の世界を体感してみて、舞台照明の現実を感じていただき、その体験を活かしながら自分の進むべき方向を見極めてもらおうとして設立したのがCAT舞台研究所です。

プロの仕事に携わりながら学ぶ

 CAT舞台研究所ではより多くの実技を体験し、実際の現場作業の流れや現場の雰囲気を体感できます。現場実習に加え講義もプロの照明家はもちろんのこと、プロデューサーや演出家、舞台監督、衣裳など、照明以外のプロのスタッフを講師陣に迎え、他のセクションの仕事や役割を把握することで、より舞台照明の仕事や役割を広い目線から理解する事が出来ます。

 CAT舞台研究所で講義や実技作業などを体験してから舞台照明の世界に足を踏み入れても決して遅い事はないでしょう。1年間CAT舞台研究所で学んでから、舞台照明の職業を選択したとき、より多くの体験が実についている事でしょう。


Top Pageへ CATトップページへ